Home > Windowsでハマる > Windows 2003 ドメインにWindows Server 2003 R2をドメインコントローラとして参加させる

Windows 2003 ドメインにWindows Server 2003 R2をドメインコントローラとして参加させる

少し前に陥った現象のメモ。

新規にドメインコントローラを構築し、既存のドメインに参加させる要件が発生した。
どうせなら、ということで新規ドメインコントローラはWindows Server 2003 R2で構築することになったのだが、いざdcpromoでドメインコントローラへ昇格させようとした際に下記エラーが発生。

次のエラーにより、操作に失敗しました:
Windows Server 2003 のインストール用にフォレストが準備されていないために Active Directory インストールウィザードを続行できません。
・・・・以下省略

何度かトライしても現象変わらず。で、ググッてみるとやっぱり情報あり。

PRIMERGY(プライマジー)Windows Server 2003 R2動作確認情報 一般的な留意事項:富士通
http://primeserver.fujitsu.com/primergy/software/windows/os/wins2003-r2/general.html

富士通さん、ありがとうございます。

これによると、既存ドメインのドメインコントローラ上(FSMO推奨)でドメインスキーマのバージョンを上げなければWindows Server 2003 R2をドメインコントローラとして追加できない様子。

とはいえ、FSMOは遠隔地にあり、手元には既存のドメインコントローラも無い状態。
リモートデスクトップでFSMOサーバにログインしてスキーマのバージョンアップをしようとも思ったがリスクが高すぎるため、今回は追加するドメインコントローラサーバのOSをR2ではないWindows Server 2003で再構築。

ちなみに、スキーマのバージョンアップは以下の手順で行うそう。

  1. 既存のドメインコントローラ(FSMOを推奨)に、Windows Server 2003 R2 の Disc 2 をセット。
  2. コマンドプロンプトより、以下のフォルダに移動
    <CD-ROMドライブ>:\CMPNENTS\R2\ADPREP
    ※i386にもadprepがあるので間違えないように注意!
  3. 「adprep /forestprep」 と入力して実行
  4. C キーを入力した後、Enter キーを押下。

Microsoft のサポートオンラインにも同様の情報があった。
http://support.microsoft.com/kb/917385/ja
Active Directoryインストール ウィザードの実行時にエラーメッセージ”ソース フォレストのActive Directory スキーマのバージョンはこのコンピュータの Active Directory のバージョンと互換性がありません” が表示される

いずれ実行しないといけないだろうが、今度落ち着いてからやろうっと。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.nozuchi.net/oike/wp-trackback.php?p=33
Listed below are links to weblogs that reference
Windows 2003 ドメインにWindows Server 2003 R2をドメインコントローラとして参加させる from お池にハマってさあ大変

Home > Windowsでハマる > Windows 2003 ドメインにWindows Server 2003 R2をドメインコントローラとして参加させる

Calendar
« 2018 年 4月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近の投稿
 

Return to page top