Home > ビートでハマる > ビートのPGM-FI Checkランプがフェードアウト?

ビートのPGM-FI Checkランプがフェードアウト?

最近ビートくんに乗っていなかったからなのか、エンジンをかけるとパネルの「PGM-FI」CHECKランプが点灯することがある。
「あれっ」と思い暫く様子をみていると、なんとCHECKランプが徐々にフェードアウトするように消えていくではないか!

CHECKランプが消えた後は何事もなく走れるのだが、あまりにも頻発するので、意を決してECUを取り出して診てみた。

コンデンサの周りが何となく液漏れしている様子。

これがうわさに聞くビートのECUコンデンサパンクか!と思い早速ECUを取り外し。
自分でコンデンサを交換しようとも思ったのだが、液漏れしているので基盤まで影響がいってるだろうし、コンデンサだけではないかも知れないので、ここは巷で有名なBEAT-GARAGEさんにお願いすることにした。

お盆前だったし修理待ちのECUが34台あるとのこともあり、修理に約半月程かかったが、ECUは無事帰ってきた。

早速取り付けてみると、オオッ!直った!
例のPGM-FI CHECKランプも点灯しないようだ。
何となくアクセルの反動も良くなったようだし、燃費も確実に向上(宗像~博多間往復約70kmで19km/ℓ程度)している。

まあ、でもまたECUを同じ場所に取り付けるとなると、また熱の影響が出るだろうから、BEAT-GARAGEさんのアドバイスもあり、ここは一念発起して助手席の下にECUを取り付けることにする。

こんな感じ

ECU修理の際に、延長用ハーネス(9,500円)も一緒に注文していたので、これを使うことに。

その他助手席下へのECU取り付けの必要経費は、

  • A4サイズボックスファイル :100円ショップで購入
    A5サイズではECUは入らなかった。
  • ケーブルスパイラル :100円ショップで購入
    →ケーブル周りに巻くらせん状のカバー
  • マジックテープ :100円ショップで購入
    →A4サイズボックスファイルを固定するため
  • ゴムの塊2個 :ホームセンターで600円程度で購入
    →ボックスファイル内でECUがガタガタならないように固定するため

という感じ。1,000円以内でおさまった。

因みにA4サイズボックスファイルは写真のようにセッティングしないと、残念ながら助手席のシートが取り付けられない。

まずはヤレヤレ(*^_^*)。BEAT-GARAGEさん、お世話になりました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.nozuchi.net/oike/wp-trackback.php?p=278
Listed below are links to weblogs that reference
ビートのPGM-FI Checkランプがフェードアウト? from お池にハマってさあ大変

Home > ビートでハマる > ビートのPGM-FI Checkランプがフェードアウト?

Calendar
« 2018 年 10月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の投稿
 

Return to page top