Home > IT全般 > XAMP環境をUSBメモリで持ち歩きたい

XAMP環境をUSBメモリで持ち歩きたい

いろんな場所で(ネットが使えない場所もあり)Wordpressを日記代わりに、PukiWikiをメモ代わりに使えたらいいな、と思い、Apache-PHP-MySQLでの携帯できる環境を考えていた。
すると、ありましたよ、XAMPP Liteなるものが。
XAMPP Lite

これをUSBメモリにインストールすればOKの様子。

インストール方法は思いの外簡単。
上記サイトから自己解凍型ファイルか、ZIPアーカイブをダウンロードします。
あとは解凍して、出来上がった「xampplite」フォルダをUSBメモリにコピーするだけ。

xamppliteフォルダ自体は122MB程度なので、大抵のUSBメモリにはコピーできるでしょう。

その後はxamppliteフォルダ直下にある「setup-xampp.bat」をダブルクリックします。
すると下記のようなDOS窓が開き、何やら動き出します。

しばらくすると終了するので、指示に従って何かキーを押します。

次に、xamppliteフォルダ直下にある「xampp-control.exe」をダブルクリックします。

これでApacheやMySQLのサービスのコントロールができるようです。

ま、暫く使ってみましょ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.nozuchi.net/oike/wp-trackback.php?p=208
Listed below are links to weblogs that reference
XAMP環境をUSBメモリで持ち歩きたい from お池にハマってさあ大変

Home > IT全般 > XAMP環境をUSBメモリで持ち歩きたい

Calendar
« 2018 年 1月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の投稿
 

Return to page top